雲の上 若林雅人の思考、興味、発見をつづるページです
<< 花あかり | main |
堀越千秋 三回忌記念曲「神川鬼石」
0

    「神川鬼石(かみかわおにし)」

     

    作詞作曲 若林雅人

     

     

    そこにいたのは  

    絵描きの堀越千秋

     

    文章うまいし    

    歌えば誰もが唸る

     

    焼き物全部が      

    国宝ガハハと笑う

    (全部嘘!)

     

    「千秋窯」には   

    老若男女が集う

     

    薪割り炊き出し   

    窯入れかま焚き続く

     

    俺のギターに      

    千秋のカンテが響く

    (ビーバ!千秋!)

     

    オーレ そこにいたのは

    オーレ おまえと

    オーレ 神川鬼石

     

    オーレ そこにいたのは

    オーレ 千秋と

    オーレ 神川鬼石

     

    そこに待つのは

    キールとシロオニスタジオ

     

    世界のアルテが  

    毎年続々集う

     

    ふゆちゃん茶室で 

    茶碗と茶筅をまわす

    (おもてなし!)    

     

    川の横には

    松田のオヤジのマヨネーズ

     

    土産に買ってきゃ 

    誰もが笑顔でもらう

     

    若ちゃんカミさん  

    ニワトリ雌鳥叫ぶ

    (コリャケッコ〜!)

     

    オーレ そこにいたのは

    オーレ おまえと

    オーレ 神川鬼石

     

    オーレ そこにいたのは

    オーレ 千秋と

    オーレ 神川鬼石

     

    川を降りれば      

    緑の岩場が続く

     

    三波の石だと      

    地元の親父が笑う

     

    石屋は朝から      

    ぐるぐるドラムをまわす

    (ゴロン!ゴロン!)

     

    「白寿の湯」では 

    浴室黄色く溶ける

     

    なめたらしょっぱい!

    お肌はツルツルピカピカ

     

    赤い顔して         

    座敷で宴会続く

    (乾杯!)

     

    三角山には         

    絶対何かが眠る

     

    聞くのは野暮だと

    毎回聞かずに帰る

     

    堀越千秋が       

    みんなと手を振り笑う

    (また来てね!)

     

    オーレ そこにいたのは

    オーレ おまえと

    オーレ 神川鬼石

     

    オーレ そこにいたのは

    オーレ 千秋と

    オーレ 神川鬼石

     

     

    初演:2019年3月30日(土) 

        「堀越千秋三回忌」 
     

    会場:花とアートの広場(旧十一屋) 

        群馬県藤岡市鬼石108-2

     

    歌と演奏: 若林雅人

           川島桂子

           東仲一矩

     

     

     

     

    
    
    
    

     

    - | permalink | - | - | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    SEARCH THIS BLOG